【お香レビュー】淡路梅薫堂 月桃聞香を焚いてみた

82g入 日本製 燃焼時間30分程度 月桃(ゲットウ)は東南アジアや沖縄に分布するショウガ科の植物で、葉から甘い香りが抽出されるので精油などに利用されています。虫よけの効果もあるとか。 ということで今回のお題は淡路梅薫堂さんから発売されている月桃のお香。 淡路梅薫堂さんはHPがある意味独特過ぎる雰囲気を醸し出しており、Amazonなどへの出品説明もこれまた独特なので、独特な印象…

続きを読む

【お香レビュー】Tulasi チャンダンを焚いてみた

20本入り インド製 燃焼時間30分程度 えー、ここんとこ更新頻度が落ちてますが、リアル生活のほうがちと忙しい状態なのが原因です。 この忙しさも11月の後半には一段落付くと思いますが。 それにしても本気で家に帰って眠るだけ生活が続くと心を病みますねw パッションフラワーとかバレリアンとかレモンバームを適当ブレンドした特製メンヘラ汁()を毎晩飲んで凌いでます・・・ちなみにSJW…

続きを読む

【お香レビュー】FLUTE マルベリーを焚いてみた

20本入り インド製 燃焼時間30分程度 マルベリーは桑の実の事で、初夏の頃にブラックベリーを一回り大きくしたような実を付けます。 自分は食べたことがないのですが、私の親が子供の頃は養蚕所が随所にあった関係で桑の木があちこちに植えられていて、当時の子供にとってはわりとおなじみの果物だったとか。 そんなマルベリーのお香がこちらですね。結構珍しい香りではないかと思われます。 …

続きを読む

【お線香レビュー】玉初堂 波の象を焚いてみた

100本入り 日本製 燃焼時間30分程度 玉初堂さんの象シリーズ、その中間グレードに当たる波の象です。 玉初堂さんは割とお線香メーカーとしては定番枠で、様々な商品をラインナップしてて痒いところにも手が届く勢いなんですが、やや科学香料の気配が前に出がちな部分もあって、ショップのレビュー欄でも賛否両論分かれていたりする事がままあります。 そんな玉初堂さんですが、象シリーズはかなり真…

続きを読む

【お線香レビュー】鳩居堂 深雪を焚いてみた

70本入り 日本製 燃焼時間35分前後 さすがはお兄様です さて、今回のお題は鳩居堂さんの深雪です。 鳩居堂さんの一束売りのシリーズは適度に使いきりやすい分量でなにかと便利なんですよね。価格的にはバラに比べると割高感はありますが、数ヶ月で使い切って、また新たに新鮮なお香を買うサイクルのほうがたぶんきっと健全なんじゃないかと思ったりもします。 それで深雪ちんですが、…

続きを読む

【お香レビュー】BIC シヴァムを焚いてみた

15本程度入 インド製 燃焼時間40分程度 インド香には濃厚系とかブッ濃い系などと呼称されるジャンルがあります。 主に樹脂系の濃い香りと、砂糖を焦がしたような独特の甘さ、そして多少のケミカル感。これらが渾然一体となった独特の香りを放つタイプのお香で、どちらかというと心地よい香りを楽しむというよりは、非日常的な空間の演出目当てで使うタイプのお香です。 製品の特性上、日本人の感覚で…

続きを読む

【Tips】お手軽お香立てを自作した

お香趣味の永遠の課題である(おおげさ)灰の片付け。 どんなにいい香りのお香を焚いても、灰が散らかってしまうと興醒めです。 インド香のように竹ひごの持ち手が付いているぶんに感してはバスタブ型の香立てを使用するという最終解決方がありますが、線香タイプはなかなかこれだ!という決定打が出ません。 ただ焚くだけなら適当なお皿にお香にオマケでついている香立て置いて焚けばいいのですが、平…

続きを読む

【お香レビュー】SATYA ブラックブロッサムを焚いてみた

15本前後入り インド製 燃焼時間30分程度 ブラックブロッサムと言うお香は結構以前から国内で販売されていて、一時期よく使っていた記憶があるのですが、今回新パッケージ版が発売されたので久しぶりに購入してみました。 ブラックブロッサムは名前の通りフローラル系の香りですが、ちょっと柔軟剤ぽさを感じるデニムに似た雰囲気もあって、割とオールシーズンオールタイム使いやすいお香です。 なの…

続きを読む

【お香レビュー】朴の香りを焚いてみた

約90本入り 日本製 燃焼時間20分程度 四国の奥地、久万高原町にある「久万高原 香り工房」と言う雑貨店オリジナルのご当地系お香です。 地元に自生する朴の木の花から抽出した精油を使用しているとのこと。 なお朴と書いて「ほお」です。「パク」ではないのでご注意を。 朴の木はモクレン科の植物で、初夏の頃に大輪の白い花を咲かせます。街路所として植えられることもあるので見たことある人は…

続きを読む