【お線香レビュー】梅栄堂 飛び梅を焚いてみた

日本製 燃焼時間30分程度 今回は梅栄堂さんの飛び梅を試してみます。 製品名は菅原道真を慕って都から太宰府まで飛んで行ったという忠義者の梅にちなんだものですね。 お線香は沈香系とのことですが果たして梅要素はあるのかしらん。 では上匂い。 えーと、沈香系としては甘めだと思います。白檀、肉桂、龍脳などどちらかというと堀川に入ってそうな顔ぶれの調合らしいので当然そうなるっ…

続きを読む

【お香レビュー】BIC サンダルウッド ドゥープ を焚いてみた

10本入り インド製 燃焼時間※ 前回の記事でドゥープ香にちょっとだけ触れたので今回はドゥープを取り上げてみます。 在庫をひっくり返して探してみるとBICのドゥープが出てきたのでこれで行きましょう。 なおドゥープという言葉はあんまり良くない隠語のドープに似ているので個人的には嫌いです。 さて、どんなお香かというと見ての通り線香を太くした様な感じですね。 一本一本…

続きを読む

【お香レビュー】SATYA メタリカを焚いてみた

約20本入り インド製 燃焼時間30分程度 こちらのお香、4-5年前はメロディという商品名で売られてましたが気がついたらどこぞのメタルバンドみたいな名前に変わってました。 当時買ったのは竹芯を使ってないチョークみたいなお香(ドゥープというらしい)で、「着火しにくい」「着火時の黒煙がすごい」「焚いている間の煙の量がすごい」となかなか使いづらいお香だったと記憶しています。香りの方はプ…

続きを読む

【お線香レビュー】香彩堂 御仏の風を焚いてみた

日本製 燃焼時間15分程度(短寸) 香彩堂さんがひっそりと販売している短寸微煙線香シリーズ、全5種類とそれなりにファミリーも揃っているのですがなぜか地味な気がします。 やっぱり短寸という、一般的なお線香の約半分強の長さが割高に感じられるでしょうか。個人的には気軽にさっと使えるので一般的なお線香も半分に折って使ってたりするくらいなんですが。 さて今回は御仏の風です。いかに…

続きを読む

【tips】お香を作ろう!!

えー、ようやく前々から欲しかったお香の型を手に入れました。と言っても一番安いアクリル樹脂製のですが(だって真鍮製だと一番安くても8000円位からだし・・・)。 見ての通りコーン型にくり抜いたアクリル板を蝶ネジで固定するだけのシンプルな構造です。高級なのになると蝶番が付いてたりして開閉が楽なんですが、大量生産するわけでもないのでこれで充分でしょう。 なお、樹脂製ということもある…

続きを読む

【お香レビュー】SAC ミルフローレスを焚いてみた

20本入り インド製 燃焼時間30分程度 いきなりですがミルフローレスってどういう意味なんでしょう。翻訳にかけるとなにやらラテン語判定を受けましたが意味はなんだかよくわからんちん。たぶんパッケ的に花束とか沢山の花とかそんな感じだと思いますけれども。 ということでSACのミルフローレスです。 某所のレビューでは焦げ臭いなどと言われていて正直怖いもの見たさ半分で買ってみたわ…

続きを読む

【お香レビュー】HEM ハニーローズを焚いてみた

20本入り インド製 燃焼時間30分程度 バラの香りは集中力を高める効果が期待できると言う話は有名ですが、少し前にバラの香りの主要成分「フェニルエタノール」に抗うつ作用がある事が川崎医療福祉大学の研究グループから発表されました。 このフェニルエタノールはバラに限らずカーネーション、ヒヤシンス、アレッポマツ、イランイラン、ゼラニウム、ネロリ、キンコウボクなどにも含まれている様ですが…

続きを読む

【お香レビュー】DOMA アガル31ヒーリングインセンスを焚いてみた

約20本入り ネパール製 燃焼時間50分程度 ドマハーバルインセンスはネパールに本拠地のあるお香メーカーで主にチベットのレシピに従ったお香を製造販売しています。 今回のお題は現地では薬香として扱われるお馴染みアガル31。 早速上匂いですが、ほぼ無臭。 もともとチベット香は華やかな香りとは無縁のジャンルですが、それでも素材の薬草や樹脂の香りはします。特に元から強…

続きを読む

寒い時期に焚きたい・チベット香のススメ

季節は晩秋です。 朝夕は言うに及ばず、日中でも寒さを感じ始めたこの時期焚きたくなるのがチベット香。 ときに焚き火の匂いとも評されるチベット香の素朴で滋味のある香りがなんともいとおしく感じられる、そんな季節なんですよね。 なんですが・・・チベット香は商品数も多く、名前から香りを連想することが難しいので敬遠される向きもあります。また、上記のように素朴な香りなのでアロマオイルを使用し…

続きを読む