【お線香レビュー】日本香堂 花風 沈丁花を焚いてみた

日本製 燃焼時間30分程度 先日ひさしぶりにアクセス解析してみたらやっぱりというかなんというか、春に関するお香の記事のアクセス率が高いことがわかりました。 みんな春が待ち遠しいんだろうなあ・・・と思ったところで今回は春の香り、沈丁花です。 沈丁花、名前はよく耳にしますが香りのイメージってなんか曖昧なんですよね。なんとなく甘い香りがするという程度の認識。 植えている人が…

続きを読む

【お香レビュー】FLUTE マグノリアを焚いてみた

20本入り インド製 燃焼時間30分程度 梅の花もぼちぼち咲き始めた昨今ですが、梅に続く早春の花といえば木蓮です。 感覚的には梅→木蓮→桃→桜の順で開花しますよね。ただ桜が満開を迎える頃には当地は春を通り越して既に初夏の気配すら見え隠れし始めるんですけどね。 話を戻して、木蓮は割と日本でも馴染みの花なのですが、意外と国産のお香はほぼありません。強いて言えば慶賀堂さんの木蓮シ…

続きを読む

【お香レビュー】HEM プレシャスパチョリを焚いてみた

20本入り インド製 燃焼時間30分程度 パチョリというと一昔前は男性向け香水によく使われた渋味のあるどっしりとした香りが特徴です。日本や中国ではかっ香という名前で漢方薬やお線香の主要な材料の一つとして使われていたりもします。 どちらかというとスパイス寄りで適度に土臭さがある香りなので、軽い香りが好まれる現代ではあまり馴染みがないかも知れませんが。 そんなパチョリのお香、個人手…

続きを読む

【お香レビュー】香彩堂 HANGAシリーズ 梅を焚いてみた

20g入 日本製 燃焼時間15分程度 そろそろ梅が咲き始める時期ですので今回はHANGA梅を試してみます。 季節に合わせてチョイスするのもなかなか楽しいものですよ。 では上匂い・・・えーと、梅という名前に反して梅っぽさはあまりないです。 強いていうとSATYAのナグチャンパを焚いたときの香りに似てます。強いて言わなくても似ているかな。 メーカー説明によるとラベンダー…

続きを読む

【お香レビュー】BIC パンチャヴァティドゥープ を焚いてみた

10本入り インド製  新年最初のネタはまたしてもドゥープです。焚く時間を自在に決められるドゥープの使いやすさは他にない魅力です。とは言ってもチベット香なんかもドゥープですし、お線香も一応ドゥープの仲間なんですけどね。 ということでパンチャヴァティですが、手に取って最初に感じたのは何とも言えない懐かしさ。箱から漂ってくる匂いになにやら覚えがあるんですよね。一体どこで嗅いだのか…

続きを読む

【お線香レビュー】香彩堂 然樹香を焚いてみた

日本製 燃焼時間15分程度(短寸) 短寸微煙線香シリーズ、今回は然樹香です。欅をイメージした香りとのことですが、欅ってどんな香りなんでしょう。 雰囲気的にはグリーン系で暑い時期にしっくりくる系? では上匂いです。欅と言うかなんというか・・・お茶系? 甘めの緑茶にほのかに苔の匂いが混じったような香り。樹木の雰囲気はありません。 こちらを焚いてみると、緑…

続きを読む

【お香レビュー】SHASHI デニム ドゥープを焚いてみた

インド製 10本入り 燃焼時間※ 今回もドゥープです。 ドゥープは好きな長さに折って使える取り回しの良さが換気しづらい冬季には非常に助かるんですよね。短時間でさっと使うならコーンでも良いんですが、コーンは煙の量が多くてやはり換気しやすい春や秋のほうが使いやすいかな。 なお夏場はどうかと言うと、ドゥープは結構香りがこってりしたものが多くてい暑い時期には暑苦しさマシマシになってしまうの…

続きを読む

【お香レビュー】SATYA メタリカ ドゥープを焚いてみた

10本入り インド製 燃焼時間- 先日スティックのメタリカをレビューして、なんとなく昔焚いたドゥープ版が懐かしくなったので久しぶりに買ってみました。 リンク先の記事でも書きましたがもともとはメロディーという名前のお香だったんですが何らかの事情でメタリカに改名。おそらく現在旧メロディーは入手不能だと思われるので記憶を頼りに記事を書いていきます。 ということで届いてみたらまずメ…

続きを読む

【お線香レビュー】梅栄堂 飛び梅を焚いてみた

日本製 燃焼時間30分程度 今回は梅栄堂さんの飛び梅を試してみます。 製品名は菅原道真を慕って都から太宰府まで飛んで行ったという忠義者の梅にちなんだものですね。 お線香は沈香系とのことですが果たして梅要素はあるのかしらん。 では上匂い。 えーと、沈香系としては甘めだと思います。白檀、肉桂、龍脳などどちらかというと堀川に入ってそうな顔ぶれの調合らしいので当然そうなるっ…

続きを読む