【お香レビュー】定番中の大定番 HEMチャンダンを焚いてみた

hemncd.JPG
20本入り インド製 燃焼時間30分程度

今更感はありますが、実はこのブログまだHEMチャンダンレビューしてないんですよね。

いや、割と初期の頃にHEMチャンダンの"プレミアムドゥープ"はレビューしてます。しかし、このドゥープタイプはHEMチャンダンファミリーの中では一番影が薄く、取扱店も少ないアイテムです。香りの方もコーンのチャンダンに近く、世間的に人気のスティックの香りとは違った味わいだったりします。

なんで今までレビューしてなかったかというと、たまたま手元になかったというのもありますし、それ以上に有名所だから自分などがレビューするまでもなく既に他の方のレビューが沢山あるから…。

とは言ってもレビューする気がないという訳ではありませんでしたので、今回定番グッツをいくつか買った事もあり、今更ながらではありますがレビュー記事を書きます。



という事で何はともあれ上匂いからですね。

チャンダン=白檀という事ですが、上匂いはナッツ感こそあれ白檀ぽさはありません。どちらかというと香ばしい感じの香りがします。このナッツのような香ばしさがスティック版の特徴で、コーンやドゥープは香ばしさが無くしっとりした感じの香りになります。

で、これを焚いてみるとどうなるかというと。

上匂いの香ばしさに洋酒のような香りとパイプタバコの様な香りが複雑に交じり合った、独特の芳香を放ちました。やはり白檀という感じは全くありませんが、洋風でもありアジア風でもある不思議な香りは結構癖になりますね。人気があるのも頷けます。

ただ、結構主張が強いお香なので、香りがほしい時にのんべんだらりと焚くのではなく、シチュエーションに合わせて焚きたくもあります。具体的にはお酒など飲みながら音楽鑑賞する時とかですね。逆に何かの作業する際にはあまり向いてないかも。

おすすめ度★★★★★

この記事へのコメント