【お線香レビュー】鬼頭天薫堂 玉芝を焚いてみた

kttkdtsb.JPG
約250本入り 日本製 燃焼時間25分程度

以前から興味があった鬼頭天薫堂です。

日本のお香/お線香メーカーはだいたい西日本に集中しているのですが、こちら鬼頭天薫堂の所在地は鎌倉という事で、貴重な関東勢ですね。

鎌倉自体古い街ですから、なにやら伝統の香りが期待できそうです(笑)。

と。

そんな事を思って通販で購入した玉芝なんですが、購入後しばらく経ったある日、地元の香十さんを覗いてみた時にですね、普通においてあったんですよ玉芝。あれ?香十って日本香堂系列だから基本的には日香の商品しか置いてない筈なんじゃないの…?

と思って店長さんに聞いてみたらですね、なんと鬼頭天薫堂は日本香堂の系列って聞かされまして、うへえと思った次第。確かにHP見たらそんなこと書いてるわ…。

いや別に日香さんがアカンとは言いませんよ。実際エステバンやかゆらぎなどの香水香は素晴らしい商品です。しかし、香木香に関しては疑問が残るというか、関西系メーカーに比べると化学香料の使用比率が高いというか、笑点のスポンサーで広告流してかつ日本全国に営業活動仕掛けるコストが製品の素材代に反映されているというか…。

ちょっとテンションが下がりました。

一通り嘆いたところで上匂いです。箱を開けると清涼感のある香りがふわっと香ってきます。

基本ベースはさっぱり目の和風白檀系ですが、そこに花と石鹸をミックスした様な香りがやや強目にブレンドされていますね。おそらくこれはホワイトムスクの香りですね。ムスクと言っても、本物のムスクはワシントン条約で取引が禁止されていますので、基本的には化学合成したアロマオイルです。

焚いてみるとムスクの清涼感が程よく利いた伝統系白檀の線香といった感じの香りになりました。ただ、香りが上匂いで感じた程には広がらず、僅かではありますがつなぎ材である椨粉の燃える匂いが出てしまってます。もう少し香りが強ければ椨粉の匂いを上書き出来るんですけどね…。

価格を考えるとやや香りが弱い気がしますが、穏やか、奥ゆかしい、と解釈できなくもないので、ちょっと評価は難しいですね。ただ私個人の意見としては、リピートしたい程のものではないかなあと。

おすすめ度★★★☆☆
鬼頭天薫堂のお線香 玉芝 バラ詰

鬼頭天薫堂のお線香 玉芝 バラ詰
価格:3,240円(税込、送料別)

この記事へのコメント

  • R.K

    玉芝、私も持っています。人工香料が強せいか、あまり続けて使いたいと思わないんですよね。爽やかでいい薫りだと思うのですが…。その他鬼頭天薫堂さんでは、雪ノ下などが好きです。
    2016年02月20日 21:14
  • こう

    コメント感謝です。
    仰るとおり、人工香料の香りがやや前に出ている感はあります。麝香系なので女性向けの調香なのでしょうか。雪ノ下・・・試してみたいですね。
    そうそう、R.K様おすすめの法円買いました。あとブログの方でおすすめされていた薫翠も入手しましたので、近日中にレビューいたします。
    2016年02月22日 01:34
  • R.K

    玉芝、たしかに女性が好みそうな感じがありますね。
    法円と薫翠買われましたか! 薫翠は3種類ある中で、薫りが分かりやすい名香をよく使います。
    余談になりますが、次の休日に友人と「門香の会」をする予定です。ただお線香を焚きながら音楽と和菓子を楽しむお茶会のようなものですが…。感想をブログにアップしようと思います!
    2016年02月22日 17:43
  • こう

    >薫翠は3種類ある中で、薫りが分かりやすい名香をよく使います。

    わたしもまずお試しで名香を感じさせる買いました。香り立ちが優しくて焚きやすいですね。上匂いのちょっと引き締まった感じも良いです。

    「門香の会」いいですねー。私の周囲にはお項趣味の方がいないので一人で黙々と焚いてます(笑)。
    でも、ひとりで好きな音楽流しつつ酒なんか飲みながら焚くお香も悪くはないですよ・・・うん・・・
    2016年02月24日 13:39