【お線香レビュー】梅栄堂 聚香國を焚いてみた

bedskk1.JPG
約160本入り 日本製 燃焼時間30分程度

日本製の比較的低価格で買える沈香系の中ではおそらく頂点に位置するであろう、聚香國(しゅうこうこく)のレビューです。一箱の価格的には精華堂さんの沈香大香木と同じくらいの値段ですが、内容量に関しては沈香大香木が100g入りなのに対してこちらは50gと半分です。

しかしそれでも本数で言うと160本近く入っているので、毎日1本焚いても5ヶ月は持つ訳ですから、充分なコストパフォーマンスと言えると思いますし、沈香大香木がタニ沈香を使用しているに対して、聚香國は単価の高いシャム沈香を使用しているので、同じ価格帯にするなら内容量が減るのは致し方無い事です。

もちろん沈香大香木も非常にレベルの高いお線香で、タニ系を使用した低価格帯沈香ものの中ではこれに勝る品質とコストパフォーマンスを持つ製品は存在しないと書き添えておきます。

bedskk2.JPG


という事で上匂い。日本製の沈香系線香お約束のスパイス感と漢薬感に負けない位にこってりとしたシャム沈香の香りが漂っています。価格的に考えればアロマオイルも多少なり使用していると思いますが、どの辺がオイルっぽいかと訊ねられても回答に困る程度に自然な香りですね。

焚いてみるとやや辛めの丁子感に混じって、渋みと甘味が複雑にミックスされたシャム沈香の香りが濃厚に漂いました。正直な話、部屋に匂いが長時間残るレベルですので、仏前使用よりは沈香好きの人が趣味で焚く用途のほうが向いてますね。それはつまり、趣味の使用に充分耐える出来だということでもあります。

香りが強めなので好きな人向けという前提は付きますが、文句なく★×5ですね。

おすすめ度★★★★★

聚香國 短寸平型バラ

聚香國 短寸平型バラ
価格:2,000円(税込、送料別)

この記事へのコメント

  • jinko^2

    このブログには本当に感謝しております。素晴らしいレビューの数々、ありがとうございます!!
    沈香線香を毎日焚こうかな、と思ってますので参考になりまくってえらいことです。

    やはり沈香ですとこちらの聚香國がイチオシなのでしょうか。
    沈香系レビューを見ますと5つ星のものが多く、どれを買えばいいのかな、と思ってます。
    こちらの聚香國は絶対買いますが!

    贅沢をいうなら沈香線香ランキングをつけて欲しいです。管理人様のレビューは本当に素晴らしい。
    2016年03月12日 18:43
  • こう

    コメントありがとうございます!まだまだ至らぬ所が多いブログですがどうかよろしくお願いします。

    沈香系は個人的に好きなので点が甘めになりがちです。聚香國は漢薬の香り部分が辛目で(辛めの沈香が好きなんです)、シャムを連想させるこってり感があり、ちょっと中華っぽさすら感じる濃い味付けが好みです。おすすめは沈香大香木で、こっちは聚香國に比べると全体的にさっぱりとした品の良い香りで、わりと誰にでも親しみやすいお線香だと思います。
    沈香系線香の世界は深いので、私も予算と相談しつつ(苦笑)色々と試していこうと思います。
    ランキングはもう少し知識の蓄積が出来ればやってみたいと思いますね・・・。
    2016年03月12日 22:14
  • ゆらり

    聚香國、今は私も好きなお線香です。
    辛口と仰る方も多いのですが、私には、やや癖はあるもののまろやかな甘さに感じられます。
    「特撰」のほうになると、この癖・・・よく言えばこく、悪く言えばくどさのような感じが消えてすっきりしますが、以前はそこがつまらないと思っていましたが、今ではどちらも捨て難いと・・・
    ひとつ、わからないことがあります。
    沈香の上匂い、ということです。香木の知識は皆無に近いのですが、沈香の香り成分は加熱しないと漂わないものだと知識的に思っていました。自分には過ぎたお香ながら、精華堂さんの「特撰沈水シャム/タニ」を、基準とするために求めておりますが、こちらも上匂いは殆どありません。焚かない状態で「らしい」香りがするというのは・・・?
    2017年08月18日 20:18
  • こう

    ゆらり様

    コメントありがとうございます。
    なるほど、まろやかですね。オイリーな感じといいますか、中華料理的な濃厚さに感じまして、そういう意味でスパイシーな辛味と感じましたが、たしかにオイリーなまろみはあります。
    上匂いの件、沈香は焚かないと匂いが出ないとのことですが、私の思い違いかと思って手元にある沈香(タニですが)粉末で確認したところ、焚かない状態でも香りは出ていました。樹脂のかたまりの状態だとまた違うのかもしれませんが。
    こちらのお線香の場合はタニとは異なるやや甘めでスモーキーな、どことなく安息香的なニュアンスがありつつ安息香とも異なる上匂いを感じます。
    とは言え思い違いかもしれませんので以後表記には気を付けますね。
    2017年08月20日 12:30
  • ゆらり

    こう様。
    ご教示ありがとうございました。
    香木の領域には踏み込んだことがなく、匂い袋用の粉末(これにも沈香粉は使われないように思います)で香りの勉強(?)をしたこともありましたが混ぜたり熱したりするとまた変わってくるので、素質のないことはすっぱりあきらめ、お線香独自の調香を楽しむ素人に徹しているワタクシです。
    うろ覚えの知識でお騒がせしたかもしれません。ご寛恕を。
       ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
    こう様のお香デビューはダイソーだったんですね。その後はカジュアル系・・・。私が意識して買った初めてのお香は「花の花」だったでしょうか。やっぱり花やフルーツ系はイメージしやすくて入りやすいんですね。
    ・・・にしても守備範囲の広さと深さにはびっくりします。次は何かなーと楽しみです。
    東国の住人ですので今日は雨中の晴れ間。
    秋は名のみの残暑厳しい毎日、ご自愛くださいませ。
    2017年08月20日 15:17
  • こう

    >ゆらり様

    私も香木はまだ初心者以下です。いずれ学ばねばならないだろうとは思っているのですが・・・。

    >こう様のお香デビューはダイソーだったんですね

    そうなんです。あんまりいい香りじゃなかったので、もっといいものはないかとあれこれ手を出していたら今の状態です。
    個人的にはカジュアルも本格も等しく愛しているつもりで、カジュアルなんかお香じゃないと海原雄山じみたことを言うタイプにはならないよう気を付けています(汗)
    花の花は最初焚いた時すみれの香りがちょっと強いなあと感じましたが、気がついたらリピートしてました。これも古典和洋折衷と言う感じで、ハマるとハマるお香だと思います。

    >秋は名のみの残暑厳しい毎日、ご自愛くださいませ。

    現在の猛暑を乗り切れば少しずつ落ち着いてくると信じてお互い体調には気を付けましょう。
    2017年08月23日 20:40