【お香レビュー】ダルシャン クールウォーターを焚いてみた

dlscw.JPG
20本入り インド製 燃焼時間30分程度

めっきり夏ですので、夏に焚きたいお香シリーズ行きます。
今回取り上げるのは夏の定番、ダルシャンのクールウォーター。定番だけにドンキやビレバン等でも見かけることが多く、手に入りやすいお香の一つといえるのではないかと思います。

ガラスに霧吹きを吹きかけたような、水滴のパッケージが何とも涼しげですが、箱から漂ってくる香りもまた涼しげ。上匂い的にはプールサイドの匂いを連想します。
鼻腔の奥の方をくすぐる水の匂いと塩素の匂い、そこにお香らしくアクセントとしてラムネ感を足したような雰囲気。あくまで主役は水の匂いなので、ラムネ感が勝ちすぎてないのもいい感じです。


で、これを焚いてみますと、ややダルシャン特有の癖というか、ほんの僅かな辛味が出てくるんですけど、それを差し引いてもお釣りがある位のプールサイド感溢れる香りが広がります。
甘さが控えめになっているので、こってりした感じは全く無くかなり涼しい気な香り。いわゆるマリン系とも異なっていて無二感があります。
夏の定番をそのまま具現化したような感じで、7-8月期には外せないお香ですね。

注意点として、あまりに暑い盛夏に特化したような調香のため、他の季節には全く合いません。最高気温が30度下回るようになってくるとなんとなく白々しい香りに感じ始め、最高気温が20度半ばまで下がると肌寒さを感じるようになり、晩秋から早春にかけての時期は焚く気すら起きなくなります。
ですので、購入したら夏の盛りのうちに使い切ることをおすすめします。

おすすめ度★★★★★(夏季限定)


この記事へのコメント