【お香レビュー】鬼頭天薫堂 雪ノ下を焚いてみた

kttkdyns1.JPG
30本入り 日本製 燃焼時間10分程度

毎日暑い日が続いてるせいでぴっちり窓閉めきってエアコン全開→換気できないのでお香は控えるという悪循環に陥っているわたしですが皆様お元気でしょうか。

今回のお題は鬼頭天薫堂さんの雪ノ下です。わりと女性に人気らしい沈香系だそうですが、一体どんな香りか気になるところですね。



というわけでこちらがそのブツ。

kttkdyns2.JPG
安定性抜群の本格的なお香立てが付いてますし、パッケージングもなかなか高級感ありです。

それでは上匂いですが・・・。第一印象は日本家屋の匂いと言いましょうか、とても懐かしい香りがします。中途半端に洋風に振った要素は皆無でTHE和風という感じ。ここまで徹底して和の香りに振り切れるのは個人的には好印象。
そんでもって、香りのベースに軽く零陵香のスパイシー感が効いていますね。このスパイシー感ある匂いをぐっと抑えめにしたところが女性に人気の秘訣かもしれません。私の好きな梅栄堂さんの一連の濃厚系シリーズなどはかなり服や体に匂いが残るので、匂いを気にされる女性の方にはあまりお勧めできませんし(苦笑)。



で、こちらを焚いてみると・・・うーん、一言で言うと日香さんの永寿シリーズの上位互換的な?
端的に書くなら沈香イミテーションのアロマオイル系です。この価格ならもう少し天然のタニ沈香位なら使えるはずと思いますが・・・。
ただ、調香自体は上品に卒なくまとめられているので、アロマオイルが鼻につくという訳ではありませんし、もしかすると沈香の渋味や苦味をカットしつつ沈香らしさを出そういうコンセプトで敢えてアロマオイルを使用しているのかもしれません。なんかこう、コストカットとか利益重視とかその手の下心的なものでオイルを使用しているというのとは微妙に違う気はします。

沈香系という部分を期待して焚くと肩透かし感は否めませんが、和の空間を作り出す補助アイテムという認識で使用するのなら充分すぎる出来だと思います。特に和室で使用すれば料亭や旅館の気分になれる事間違いなし。

おすすめ度★★★☆☆


この記事へのコメント

  • ゆらり

    はじめまして。
    いつもわくわく楽しみに、かつおおいに勉強させていただいています。
    さて今回のお題は「雪ノ下」、こうさまらしい厳しい評価とはなりました。
    実はこれ、沈香も白檀もわからない数年前、私が初めて好きだ!と思ったお線香です。
    そして、どなたに差し上げても社交辞令以上の大絶賛をいただきます。
    このわかりやすさは何だ?と感じていたのはアロマオイルの為せるわざだったんですね。
    「聚香國」や「陽成」は、いい!と感じるまでにしばらく時間がかかりました。
    でも私たちのような素人にはわかりやすさも魅力の一つ。
    立派な人と好きな人がちょっと違うように(何の話だ?)今でもやっぱり好きです。
    こうさまがレビューされたお線香には私が試したことのあるものもいくつかあります。
    そのうち拙い感想など寄せさせていただいてもよろしいでしょうか。
    2017年07月29日 21:16
  • こう

    ゆらり様初めまして。コメント感謝です。
    こちらのお香、店舗の方(香十さん)で沈香系とPOP付きで販売されていましたので、焚いてみるまで自分の中で聚香國的なイメージを膨らませてしまってました。聚香國は私は大好きなお線香ですが、かなり香り立ちが濃い上に辛めの漢薬も強く、どちらかというと中国のお線香にある烏沈に近い感じですから結構好き嫌い別れる気はしています。
    話戻して、レビューでも触れましたが沈香と言う部分をあまり意識せずに使うと上品で落ち着いた和の香りだと感じます。日香さんの天壇シリーズの様にオイルがきついと言うこともなく、ベースに仄かに感じる沈香の香りをオイルが上手く補助してしっとりとした調香に仕上がっているのは調香の妙でしょう。私自身例えば香彩堂さんの香水系などを愛用している位で、オイルだからどうという考えは特にありません。

    >わかりやすさも魅力の一つ。

    仰る通りで、来客の前に香りを漂わせるなら強い漢薬の効いた香りではなく、確実に雪ノ下の様な優しく落ち着いた香りを選びます。

    >そのうち拙い感想など寄せさせていただいてもよろしいでしょうか。

    ぜひよろしくお願いします。突っ込みどころがあればどんどん突っ込んでやってください(汗)。
    2017年07月30日 13:52
  • ゆらり

    そうそう、そうなんです(いきなり何だ?)
    こう様のレビューが素晴らしいのは、知識・経験・感性、どれも豊かでいらっしゃるのに、「お香は上等でなくちゃあね」とか、「香水系なんてまがい物」みたいな気取りや偏りがないからなんです。
    香りの引き出しがたくさんあって、自由自在に取り出しては
    2017年07月31日 21:06
  • ゆらり

    そうそう、そうなんです(いきなり何だ?)。
    こう様のレビューが素晴らしいのは、知識・経験・感性、どれも豊かでいらっしゃるのに、「お香は上等でなくちゃあね」とか、「香水系なんてまがい物」みたいな気取りや偏りがないからなんです。
    無数にある香りの記憶の引き出しから自由自在に取り出しては分析し系統付ける手際は理系のお仕事の方か?と思わせます。
    そんなこう様が、京情緒たっぷりで乙女なお香が揃っているイメージの香彩堂さんのお品をご愛用、というのは、ちょっぴり可愛げがあって(失礼)素敵だと思います。
    「加茂のせせらぎ」「嵯峨の朝霧」、涼やかで私も愛用しています。
    「加茂のせせらぎ」はお香版よりお線香のほうがさっぱりして好きなくらいなので「嵯峨の朝霧」にもお線香版があるといいな、と思います。
    和風の涼やか系香水香では山田松さんの「露桔梗」もいいですね。
    RK様お好みの「清涼光陰」も、上匂いより焚き香のほうが柑橘系の香気が感じられて
    2017年07月31日 21:29
  • ゆらり

    (ごめんなさい、中途で送信してしまいました)
    暑い季節に楽しんでいます。

    お返事までいただいてありがとうございました。
    レビューをいただきたいあれやこれ、ありますが、次は何かなーと楽しみにさせていただくことにします。
    お暑さの折り、ご自愛くださいますよう。
    2017年07月31日 21:36