【お香レビュー】BALAJI MINTAGEを焚いてみた

bljvtg1.JPG
80g入 インド製 燃焼時間40分程度

以前レビューしたバラジのパウチ袋入りのお香「フェイバリット」がなかなか良かったので、まだ国内未発売のパウチ袋香「MINTAGE」をお取り寄せしてみました。

ジップロック式のパウチ袋なので気密性は高い・・・と思いきや、二袋買ったうちの一つに数ミリ程の破れが・・・。
まあセロテープでも貼っておけば何の問題もないレベルなんですが、この辺の大雑把な感じは変わらないなあと少し懐かしい気分になりました。

で、中身ですがフェイバリットがハードタイプだったのに対してこちらはマサラタイプ。

bljvtg2.JPG

ナグチャンパなんかでよくある椨の粉をまぶした半生タイプのお香ですね。



それでは上匂いですが・・・これまたなかなか良いです。
感じ的にはSATYAのロイヤルなんかの系統で、ナグチャンパ系の香りに洋酒の香りを足したような、ちょっと深みのある大人の香り(笑)。



こちらを焚いてみると、やや軽めのナグチャンパに洋酒系ちょい強めと言った雰囲気に。
インド感を主張するナグチャンパ部分が軽めになっているので、少し甘めのサンダル+洋酒な香りで、HEMチャンダンの気配も僅かながらありますね。チャンダンのようなドライなスパイシー感と香りの押しの強さはありませんけれども。


ということで、マサラ香としてはSATYA製品に近い優等生的な出来でした。同メーカーのチャンダナムの様な強い個性はありませんが、そのぶん使いやすくて親しみやすい香り。
国内で販売されることがあれば試してみるのもいいと思います。

おすすめ度★★★★★

この記事へのコメント