【お香レビュー】BALAJI ビンドゥを焚いてみた

bljbd.JPG
10本入り(販売店による小分け販売) インド製 燃焼時間30分程度

バラジ新製品、次はビンドゥです。
ビンドゥ(Bindu)は点の事だそうですが、そこはインドらしくなにやら宗教哲学的な含みはありそうな言葉ではあります。私はあんまり頭が良くないので深く考えると熱出して寝込んでしまうから軽く流しますけども。

では上匂い。
前々回レビューした
フェイバリットに似た感じのシトラスとムスクを混ぜたような香水系ですね。そこに多少南アジアらしさを感じるエスニックな香りが入った雰囲気で、フェイバリットよりはインド的な土着感があります。


こちらを焚いてみると、ベース自体はフェイバリットとほぼ同じと思われるのですが、香りの中にほのかに安息香を感じます。おそらくこれが上匂いで感じた南アジア的エスニック感の正体。
とはいえベースのキリッとした香水感を妨げるほどのものではなくて、洋風の香りにちょいと印度風味を混ぜました、程度です。和洋折衷ならぬ印洋折衷といったところでしょうか。
個人的には安息香はあまり得意ではないので、フェイバリットとこれのどちらか一つ選べと言われるとフェイバリットを選びますけども、その差異はSTYAで言うとインフィニティとプレイヤーズ程度の差異しか無いです。

好みの問題で星は4ですが、エスニック感が好きな方なら星5でもOKかなという、出来のいいお香でした。

おすすめ度★★★★☆

この記事へのコメント