【お線香レビュー】香彩堂 京線香 都桜を焚いてみた

ksdmz1.JPG
約170本入り 日本製 燃焼時間30分程度

桜の時期になりました。
当地でもそろそろ七分咲から満開へと移りつつあり、いよいよ春本番という感じ。
というか、個人的には桜が春の締めくくりみたいなものだと思っていますので、今がまさにクライマックス。桜が終われば半年ほど辛く厳しい季節。冷房の効いた部屋に閉じこもってじっと熱波が過ぎ去るのを待つだけの苦難の時期に突入するので、行楽その他は今のうちに、ですね。


で、そんなこんなで桜です。

ksdmz2.JPG

今回は香彩堂さんの都桜ですね。香彩堂さんからは同じく京線香シリーズで八重桜という桜の香りのお線香が出ています。
あちらはあちらでいい香りなんですが、どちらかというとベリー系で桜らしさは希薄な感じでした。桜も木苺もバラ科なので大筋では間違ってはないのでしょうけど、そういう問題でもないかな。
その辺メーカー的に思うところがあったのか無かったのか、数年前に追加発売されたのがこの都桜というわけです。


では上匂いですが、甘さもフラワー感もやや控えめで渋い(雰囲気的な意味での"渋い")香りです。
日香さんのセントスケープシリーズ春にこんな感じの香りあったような…。


こちらを焚いてみると、やさしい桜餅系の香りになりました。とは言ってもクマリン系の香りはほとんど無くて、仄かに肉桂が香ってます。なんというか、桜餅は桜餅でも餡の部分を連想させる香り。
八重桜に比べると華やかさはありませんが、そのぶんより和の香りに振った仕上がりです。
やはりあまり桜そのものという感じではありませんけども、春のぬくい空気感に程良くマッチするやわらかさとゆるさがあってこれはこれでいいかも。
というか、八重桜を更新するために送り出した刺客ではなく、同じ桜イメージなのにきっちり個性を分けて棲み分けている辺りがなかなか見事。
現代的な華やかさを求めるなら八重桜、落ち着いた香りを求めるなら京桜、迷った時は両方買い(笑)。これですね。

おすすめ度★★★★★
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新商品】都桜 バラ詰め(約170本入)
価格:2160円(税込、送料別) (2018/3/26時点)


この記事へのコメント

  • ゆらり

    “桜は春の締めくくり”説を拝見して、いや、やっぱり春の後ろ姿は藤でしょうが、と思っていたんですが、こう様説の正しさを証明するような今日の暑さです。1週間前は開き始めた桜に雪が舞っていたというのに。

    桜、あるいは桜イメージのお香というのは、乙女感全開だったり浮いた華やかさが過剰だったりするものもままあるようですが、レビューを拝見するとこちらの「都桜」は仄かさ、ひっそり感が感じられて好ましく思われます。

    それにしてもこう様と香彩堂さんの調香は相性抜群のようですね。レビュー数も圧倒的ですし。
    去年レビューされていたENGIMONOシリーズの「波うさぎ」は確かダブルスコアの高評価でした。こちらも次回試してみたいものの一つです。

    ご紹介ありがとうございました。お暑さの砌ご自愛くださいませ。
    2018年03月28日 13:01
  • こう

    ゆらりさんこんにちは。
    なんか今年は例年にない速さで桜が散り始めた模様で、夏の長さを予感させて日々憂鬱です。

    >春の後ろ姿は藤でしょうが

    個人的には初夏な気もするのですが(5月は初夏、6月の梅雨を挟んで7月はもう盛夏と言う認識)確かに藤、忘れてました。他にも躑躅やサツキもありますね。

    >香彩堂さんの調香は相性抜群のようですね

    相性良すぎて伴侶候補ですね(笑)。たまーにいまいちなのもありますが、それでも打率の高さでは抜きん出ていると思います。ENGIMONOシリーズの「波うさぎ」はかなり好きな香りなんですが、フローラル感の強い乙女路線でもあります。そこで評価が分かれる可能性も・・・?
    2018年04月02日 15:06