【お香レビュー】日本香堂 かゆらぎ藤を焚いてみた

nkdkf.JPG
40本入り 日本製 燃焼時間30分程度

予告どおり藤のお香です。
今回はお馴染み日香さんのかゆらぎシリーズの藤。
かゆらぎは定番だけに手堅い出来のお香が多いので、この藤もちょっと期待してます。


では早速上匂い。
・・・。
えーと、藤というか昔の化粧品というか、おしろいの匂いというか、そんな感じで、藤らしさは15%位でしょうか。香りのセンスと言うか、時代毎の流行りへの適合度もあんまり高くないような。
イメージ的には和装の御婦人といった雰囲気で、ある意味古き良き香りでもあるのですが、藤の香りの再現度と言う話になると今まで試した藤系では一番低いです。


こちらを焚いてみると、結構強めの甘味が出てきました。甘さの表現に安息香を使っている様で、これ何かに似ていると思ったらアレです、「花の花」。
確かに日香さんらしさ大爆発ではあるんですけど・・・求めているものとは違うなあ。
「花の花」は昔のお香の香りを再現しましたというコンセプトの商品ですから、求める側もノスタルジックな雰囲気目当てです。一方かゆらぎは和の伝統を大事にしつつも、(勝手に)もう少し現代的でカジュアルな路線だと思ってましたので、なんというか、モヤモヤ。

藤のお香としては、名前だけ「藤」で実質的には別物だと思っていただいても差し支えないと思います。
また、古き良き時代のお香らしさを楽しむなら「花の花」の方が3種入りで楽しめますし、長さも短めなので気楽にサクッと焚けます。まあ長さに関しては半分に折ればいいじゃないと言う話ではありますけども。
と、こう考えるとこのお香、かなり中途半端な立ち位置で、評価が難しいんですよね。

とりあえず藤の花の香りを求める向きにはおすすめできません。

おすすめ度★★★☆☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本香堂 かゆらぎ 藤 スティック型
価格:1080円(税込、送料別) (2018/4/10時点)


この記事へのコメント

  • ゆらり

    先週末から咲き始めたわが家の藤が例年より半月早く今盛りです。
    山桜に似た白い花の姫林檎、同じく白いはなみずき、椛や金木犀に縦横に絡んで密林化し(広い庭に聞こえるのは印象操作)なかなかワイルドな眺めです。

    「かゆらぎ藤」は藤感少なめの化粧品風٠٠٠ちょっと残念ですが、でもこれ一般的にはかなり評価高いんですね。藤らしさは別として広く好まれるタイプの薫りなんでしょうか。

    猛暑が予想されるこの夏、爽やかに乗り切れるお香の紹介、今後とも
    楽しみにさせていただきます。
    2018年04月14日 11:04
  • こう

    ゆらりさんまたまたこんにちは

    おお、なんか庭に様々な木があるのですね。
    鉢植えしかないうちの環境に比べると天国のようです。まあ、田舎暮らしなので周辺の野山が庭とも言えなくはないのですけれども。

    そうなんですよ、評価高いので買ってみて「あれ?」でした。日香さんの大定番である花の花に似た香りということで、香りとしての完成度は間違いなく高いのですが、藤という名前から期待したものではなかったかなという。もし藤というそのものズバリの名前ではなく、香彩堂さんのお香のようなふわっとした名前だったら評価は変わっていたのですけれども。

    >猛暑が予想されるこの夏、爽やかに乗り切れるお香の紹介、今後とも
    楽しみにさせていただきます。

    微力ながらがんばります所存。
    2018年04月18日 12:39