【お香レビュー】PADMA フランジパニを焚いてみた

pdmfp.JPG
20本入り インド製 燃焼時間30分程度

えー、最近日中車を運転していると暑いです。まだクーラー回すほどじゃないよねと窓開けて走っていますけど、信号待ちの時とか暑いです。
まだ4月だよね・・・?

そうそう、先日来何かと当ブログのネタになってた藤も咲き始めましたよ。
DSCN0132.JPG
園芸品種の藤もいいですけど自分は野生種が好き。新緑の中で存在感を放つ紫色が好きなんです。

で、今回は藤は一段落してプルメリアですね。プルメリアとかジャスミンはなんとなく夏!なイメージがあります。実際の所ハワイとかの常夏な地域の花なので、季節感云々はあんまり関係ない気もしますが日本人の感覚的には夏の花。


まず上匂いからですが、なんというか、初めて対面するタイプのプルメリアです。
アロマオイルのプルメリアを感じさせるクリアな甘さはあるんですけど、その上によもぎ餅みたいな香りが覆いかぶさっていて、更にその上に若干のスパイス感。
南アジアの寺院的な匂いが主体で、ほんのりプルメリアみたいな。


こちらを焚いてみると、やはり寺院イメージの香りが強いです。スパイスと安息香樹脂と僅かなフローラル。
んー、こういう変化球もアリと言えばアリなんでしょうけど、自分が求めているものではありませんね・・・。
プルメリアは人気のあるジャンルなので各メーカーから様々な香りが発売されているんですけど、これまで試したものに関して言うならどれも解釈の違いはあっても花の香りの再現を目指していました。ところがこれに関しては花っぽさは添え物で寺院メインというか。
敢えてこれを選ぶ理由は少ないです。


おすすめ度★★☆☆☆


この記事へのコメント