【お香レビュー】Vasant's チャンダンを焚いてみた

vacha.JPG
12本入り インド製 燃焼時間50分程度


ここんところ定番モノのレビュー続きだったので、久々にいかにも~なお香を取り上げてみます。
VASANT PRODUCTSのチャンダンですね。インド的な派手めのパッケージがいかにも~な雰囲気を放っております。



早速上匂いですが、甘いナグチャンパ系の香りに、スパイシーでなんとなく洋酒ぽさのあるチャンダンの香りのミックス。比率でいうとナグチャンパ6に対してチャンダン4で、あまり尖った感じもなく期待感をそそるものがあります。チャンダンもナグチャンパも定番中の定番だけに、大きく外れることはない・・・と思いたい。



ということで焚いてみます。
半練りに椨粉をまぶしたマサラ香なので火付きも燃焼も穏やか目。
一昔前のインド香やアメリカ香にありがちな黒煙もくもく吹き出しながら燃える奴はちょっと苦手なんですよね。

で、肝心の香りですが・・・これはなかなかイイですね!
ナグチャンパ系の香りとチャンダンのスパイシー感が程良くミックスされていて実に優等生。マサラ香にありがちな粘土臭や安息香系のべったりした香りもなく、全てがいい塩梅。初見メーカーなのでちよっと身構えてたけど当たりでした。
パッケージにフローラスティックと表記されていますが、おそらくナグチャンパの香りの事を指しているのでしょう。ナグチャンパはプルメリアの香りと白檀の香りのミックスなので・・・。
残り香はやや焼き芋の匂いですが、まあそれはご愛嬌w

注意点としては、風向きなどで煙が直接顔に流れてくるとやや煙たさがあります。発煙量が気持ち多めぽいので、狭い空間で焚くのには不向きかも。



この記事へのコメント