新しいお香たて買ってきました

oktt18a.JPG

突然ですがハンズを覗くのが好きです。
ハンズは値段設定が結構強気なのであんまりがっつり買い物することは無いんですけど、他ではあまり見ない面白い商品が結構あって楽しいですよね。

で、今回香彩堂さんのお香をいくつかとお香たてを買ってきた次第。
お香の方はそのうちレビューするとして、お香たてです。


一辺5センチと結構コンパクト。アルミを鋳型抜きしただけの非常にシンプルな作りですが、それだけにどんな空間にも違和感なく馴染みそうなので、これは良さげだなあと。
自分は足し算方式でディティールや色を盛り込んだデザインよりもこういう素っ気ないデザインのほうが好きだったりします。


では肝心の作りです。まずお香を挿す穴は下まで貫通してなくて、深さは役5mmくらい。インド香などによくある竹芯タイプのお香には使えません。
線香タイプ専用ということですね。また、一辺約5センチというサイズから想像するに、線香専用ではあるけど、一般的な15センチ前後の線香だとお香たてのボウル状になった部分で灰をキャッチしきれず外にボロボロ溢れそうです。
線香の中でもいわゆる短寸タイプ専用ですね。

こう言うとかなり用途が限られそうに感じますが、国内メーカーがお香と銘打って販売しているものは、かゆらぎシリーズなど一部を除いてほとんどが短寸タイプです。代表的なところだと松栄堂さんの堀川を連想してもらえるとわかりやすいかな。
それに短寸の長さは一般的なお線香のほぼ半分ですから、お線香も真ん中から折って二等分すれば全く問題なく使用できますよ。

凹部適度な深さがあるのでちょっとした風で灰が外に転がり出る事はなさげです。



oktt18b.JPG

実際に焚いてみました。
灰はほぼ凹部にキャッチされるので非常に快適ですね。また、お線香を挿す穴がやや大きめに作られているので燃え残りを取り除くのも楽です。この穴がタイトだとしっかりお香をホールドできる反面、燃え残りを取り出すのにピンセットなどでつまみ出す必要があって煩わしいので、この配慮(?)は有り難いところ。完全に鎮火したのを確認したら逆さにして振るだけで綺麗になりますからね。
何度か使ってヤニが溜まってきたらマジックリン一吹きでOKです。



ということで、コンパクトで場所を取らずシンプルでどんなインテリアにも馴染む、そして使い勝手も良好という良いお香たてでした。
ハンズで見かけたらゲットしてみるのも良いと思いますよ。

この記事へのコメント