【お香レビュー】日本香堂 野山からのおふくわけ こすもすの薫りを焚いてみた

nkofkwkksmk.JPG
12本入り 日本製 燃焼時間10分程度

この時期は台風が通り過ぎるたびに秋がやって来ると言いますが、今年に限ってはそれは嘘の模様です。
確かに天気図見ると太平洋高気圧との前線は南下してますし、空を見上げれば積乱雲の無い爽やかな秋空。しかし暑い。なぜかわからないけど無駄に暑い。

・・・とは言うものの、朝晩はかなり過ごしやすくなりましたし、ゆっくりながらも秋は近づいてきているのは間違いなさそうです。

で。

今回は秋の香りですね。
お題は日香さんのおふくわけシリーズからこすもすの薫り。初秋にぴったりのお香だと思われます。
お香の仕様に関しては以前レビューしたこちらの記事を参考にしてください。



では上匂い。
柔らかく甘いフローラル系。
どことなくシャンプーの匂いぽいですかね。更にそこからお風呂の匂いまで連想してしまいそう。
あんまりコスモスそのものの青味もあるストイックな香りに似ていません。もっとも、コスモスの花自体そこまで香りが優れている訳でもないですし、雰囲気重視といったところでしょうか。
前で書いたようにお風呂場的な香りでもあるので暑い時期にはあんまり向いてなさそうですが、これから少しずつ気温が下がってくると心地よさがじわじわ出てきそうな気もします。


こちらを焚いてみると、ほんのりと草っぽさのある香りが出てきて上匂いよりコスモスに近づいた感あり。もちろん本物に比べると甘みがありますけど、なかなか雰囲気出てますよこれ。
コスモスのお香はあんまり種類がないというか、これ以外だと今は廃盤と思われる無印良品の秋の香りアソートに入っていたヤツくらいしか焚いたこと無いんですけど、無印版よりそれっぽさがあるかも。

コスパ的にはやや難のあるお香ですが初秋の雰囲気は充分に楽しめたので、「いつまで夏が続くんだよ・・・」とうんざり気味の方におすすめ。夜間のやや涼しい風が吹いている時に焚くと秋風に揺れるコスモス畑のイメージが広がる・・・かも。


おすすめ度★★★★★



この記事へのコメント