【お線香レビュー】 日本香堂 ラ・フランスの香り を焚いてみた

nkdlf1.JPG
約80g程度入 日本製 燃焼時間30分程度


このお線香、山形限定と銘打たれていますがネット通販を使えば全国で買えます。
というか地方に住んでいるとお線香は毎日香や香樹林などのメジャータイトル以外のものは基本通販頼みになるので、殆どの商品が「限定」枠と同等になってしまうのですけれども。

さて、今回のお題であるところのラフランスのお線香です。
ラ・フランスは年に一度食べるか食べないか程度の果物なのですが、割と好きな果物ではあります。じゃなんで食べる頻度低いの?って話ですが単純に店頭で見かける機会が少ないんですよ。南国だから北の果物はなかなか入ってきません。デパ地下とか行けば別ですが、さすがに贈答用高級フルーツを自分で食べるのは憚れますので。

で、記憶の中のラフランスの風味を思い出してみるとなんとなくお香っぽい香りあったよなと思いまして、案外お線香と相性いいかもしれない。


nkdlf2.JPG


それでは上匂い。
香りは結構控えめ。ほんのりとラ・フランスの香りの中のお香っぽい部分が感じられますが、瑞々しいフルーツを連想させる部分はなし。
反面お線香っぽさはやや強めでどうなんだろうこれ・・・。



若干の不安とともに焚いてみると、林檎のお香の香りを薄くしたようなベースに微かにラ・フランスの香り。
多少酸味も感じられて上匂いよりはずっと好印象です。
同社のエステバンやかゆらぎに比べると香り立ちは弱めでしっかりと差別化は図られていますが、香りが弱くなってもタブ粉の燃える匂いが顔を出したりすることもなく上品にまとまっています。
この程度の香りなら衣服や髪に香りが移ることもないと思いますし、煙も少なめなので使いやすいと思います。


おすすめ度★★★★☆

 

この記事へのコメント