【お香レビュー】SAC ミルフローレスを焚いてみた

sacmf.JPG

20本入り インド製 燃焼時間30分程度


いきなりですがミルフローレスってどういう意味なんでしょう。翻訳にかけるとなにやらラテン語判定を受けましたが意味はなんだかよくわからんちん。たぶんパッケ的に花束とか沢山の花とかそんな感じだと思いますけれども。

ということでSACのミルフローレスです。
某所のレビューでは焦げ臭いなどと言われていて正直怖いもの見たさ半分で買ってみたわけですが、果たしてその実態は。



まず上匂い。
あー、これはなんか馴染みがある・・・。
ASOKAのバラートダルシャンASOKAのバラートダルシャンに似てます。ちょいと濃い目のフローラル系香水的な。鮮花っぽい系じゃなくてユリの花の香りをスパイシーにして煮詰めたような(謎)
上匂い的にはそこまで悪い印象は感じませんでした。



こちらを焚いてみると、やっぱりバラートダルシャン。
ただ、SACのお香特有のドライでちよっと尖った刺激臭というか、そんなのが僅かですが混じります。レビューのような焦げ臭さは無いですが、このドライなSACの癖の事を焦げ臭いと評したのかも知れません。
ま、気にしなければ気にならないレベルの癖なんですけどね。

お香としてですが、香り自体はやや濃い目で煙も多いです。香りはバラートダルシャン+SACの癖。
悪くはないんですが、これ素直にバラートダルシャンでいいよね?という。
入手性という点に置いても敢えてこれを選ぶ理由はありません。


おすすめ度★★★☆☆

この記事へのコメント