【お線香レビュー】天年堂 松林を焚いてみた

約160g入り 日本製 燃焼時間15分程度(短寸タイプ) ここ数日夜間~朝の時間帯限定で秋の気配が漂っています。この快適さが果たしていつまで続くのかはわかりませんし、どうせ暫くしたらまた地獄の熱帯夜モードに逆戻りするんだろうと思ってはいるのですが、それはそれとしてお香を気兼ね無く焚くチャンスです。 窓を全開にして涼しい風を通しながら煙をたゆたわせる。真夏間はエアコンフル回転中のため窓…

続きを読む

【お線香レビュー】天年堂 圓空を焚いてみた

約35本入り 日本製 燃焼時間五〇分程度 久しぶりの更新です。現在公私共にこなすべきタスクが立て込んでいてあたふたしている毎日です。 そんな慌ただしい毎日なので、今回はちょっと贅沢気味な香りで気分を落ち着けてみたい所存。 お題は天年堂さんの圓空。桐箱入りで単価ややお高めのお線香なので期待値が上がりますね。 まず第一印象からですが、普通のお線香より長いです。約22セ…

続きを読む

【お線香レビュー】天年堂 白檀鴻臚館(びゃくだん・こうろかん)を焚いてみた

450本前後入り 日本製 燃焼時間30分程度 鴻臚館(こうろかん)は平安時代に設置された外交および海外交易の施設である。前身として筑紫館や難波館が奈良時代以前から存在した。 その名称は北斉からあった九寺のうちの外交施設「鴻臚寺」に由来し、唐の時代にその名称が日本に導入された。「鴻」は大きな鳥の意から転じて大きいの意。「臚」は腹の意から転じて伝え告げるの意。「鴻臚」という言葉は…

続きを読む

【お線香レビュー】天年堂 連山を焚いてみた

約450本入 日本製 燃焼時間30分程度 天年堂さんのパッケージは独特のセンスというか、謎の存在感があります。こちらの線香も黒地に金という、一歩間違えると田舎のヤの付く方々の事務所になりかねない配色なんですけど、うまいこと渋く仕上がってます。黒地部分がマット仕上げで無駄にテカテカしていない事とか、光の当たり方次第で商品名が見えなくなる奥ゆかしさ?とか、押し出しが強いようでいて実はおしと…

続きを読む

【お線香レビュー】天年堂 乳香を焚いてみた

約450本入り 日本製 燃焼時間30分程度 お線香といえば白檀や沈香、あとは香水香で花の香り等が一般的ですが、今回焚く乳香はその名の通り乳香樹脂の香りをお線香で表現した無二感のあるアイテムです。 乳香ってなんぞという話ですが、カンラン科の木から出る樹脂を固めたもの…まあ実物を見てもらったほうが早いですね。 こちらの写真の乳香はそんなに高級な物ではないですが、お高いやつだ…

続きを読む