ART LABO ASOKA AUROSHIKA AUROSHIKHA Balaji Bic BUZZZ Coma CYCLE DARSHAN ENGIMONO ESTEBAN Flute FRESH FRAGRANCES Goloka GONESH hanga Hem hemp Khachoe Ghaki Ling LIBERTY'S MISTICKS MOKSH Morningstar NANDITA parimal PATIL PARIMALA WORKS R-Expo RATHNAM'S SAC Sarathi Satya Shankar SHANKER Shashi Sital SRI DRUGA The Dhoop Factory tulasi Vijayshree WILD BERRY WONDERINSENCE あわじ香司 うずまき香 お香と線香の違い お香立て かっ香 かゆらぎ くつろぎや すみれ ねじり香 みのり苑 りらく アカシア アガル31 アガーウッド アショーカ アップル アニス アメリカ香 アンバー アート・ラボ アーユルヴェーダ イランイラン インド香 インド香  ウィステリア ウォーター エステバン エスニック オウロシカ オスマンサス オピウム オリエンタル オリエント オーキッド カクテル カチュガキリン カナビス カンナビス ガネッシュ ガンチェン ガーデニア ガーネッシュ キンコウボク キンモクセイ クローブ クール系 グラブ グリーン グリーンティー コイル コイル香 ココナッツ ココナツ コーマ コーン コーン  ゴロカ サイクル サイババ サティア サティヤ サティヤ  サラチ サンダル サンダルウッド シタル シダー シトラス シナモン シャクナゲ シャンカー シャンカーズ ジャスミン ジュニパー スティック ステイック ストロベリー スパイクナード スパイス セージ タイ香 ダイソー ダルシャン ダルシャン  チェリー チベット香 チャンダン チャンパ チュベローズ チョコレート ツラシ テキーラサンライズ トゥラシ トゥルシー ドゥープ ドゥープファクトリー ナイトクイーン ナイトジャスミン ナグチャンパ ナンディタ ニガヨモギ ネパール港 ネパール香 ネロリ ハニー ハーブ バイオレット バニラ バラ バラジ バリ香 パウダー パウダー香 パチョリ パパイヤ パリマル パロサント ピーチ フォレスト フラワー フランキンセンス フランジパニ フルーツ フルート フレッシュフレグランシス ブルーベリー ブータン香 プルメリア ヘム ヘンプ ベリー ベルガモット ベンゾイン ペアー ホワイトセージ ポメグラネート マグノリア マサラ マサラ香 マリファナ マリン マリン系 ミスティックス ミモザ ミント ムスク ムーン モグラ モークシュ ユーカリ ヨモギ ライチ ライフハック ライラック ラウド ラズベリー ラベンダー リキュール リバティーズ リリー レイン/ウォーター ローズ ローズマリー ロータス ロードデンドロン ロープインセンス ロープ香 ワイルドベリー 丁子 中国香 乳香 京線香 伽羅 台湾沈香舍 台湾香 四徳 大発 天年堂 奥野晴明堂 孔官堂 安息香 寺院 寺院系 寿星牌 山紫水明 慶賀堂 日本香 日本香堂 月下美人 木蓮 林檎 梅栄堂 梅薫堂 樹脂 沈香 洋梨 浄化 渦巻き香 漢薬 烏沈 玉初堂 琥珀 甘松 白檀 百楽香 盤香 睡蓮 石榴 石鹸 竜涎香 精華堂 線香 線香  肉桂 薔薇 薫明堂 薬香 誠寿堂 金木犀 金香木 除障香 零陵香 風水 香彩堂 香水 香玉 香皿 香立て 高野山大師堂 高野霊香 鬼頭天薫堂 鳩居堂 麝香

【お線香レビュー】天年堂 白檀鴻臚館(びゃくだん・こうろかん)を焚いてみた

2017/04/10 12:21
450本前後入り 日本製 燃焼時間30分程度 鴻臚館(こうろかん)は平安時代に設置された外交および海外交易の施設である。前身として筑紫館や難波館が奈良時代以前から存在した。 その名称は北斉からあった九寺のうちの外交施設「鴻臚寺」に由来し、唐の時代にその名称が日本に導入された。「鴻」は大きな鳥の意から転じて大きいの意。「臚」は腹の意から転じて伝え告げるの意。「鴻臚」という言葉は外交使節の来訪を告げる声を意味していた。 ――Wikipedia ..

続きを読む

【お香レビュー】RATHNAM'S サンダルフローラを焚いてみた

2017/04/09 15:14
13本前後入り インド製 燃焼時間50分程度 たまには新規メーカー開拓もしようと思って購入しましたるはRATHNAM'Sサンダルフローラ。 RATHNAM'Sと言うメーカーは日本ではあまり馴染みがなく、私も今回これが初めてのアイテムとなるのですが、検索してみた感じマサラ香を中心に発売しているメーカーの模様ですね。 マサラ香中心ということで、インド香をある程度焚いている人はなんとなく察するところがあると思います…マサラ香メインのメーカーのお香は概し..

続きを読む

【お香レビュー】NANDITA CELESTIALを焚いてみた

2017/02/07 00:49
15本前後入り インド製 燃焼時間50分程度 インド香の中でも品質が良いと言われているナンディタのお香です。 商品名セレスティアル。「天国の様な」みたいな形容詞として使われる言葉ということで、メーカー側も大きく出たなと感じる物がありますね。 この辺の言い切った者勝ちなノリは海外ではわりと一般的なので、言葉半分位に受け取って全く問題ありませんが…。 中身は粉少なめのマサラタイプ。竹芯に着色がなされてないのは個人的に好き。芯に赤や黄色を塗ったお香も..

続きを読む

【お線香レピュー】玉初堂 白檀朱雀を焚いてみた

2016/12/28 21:17
約170g入り 日本製 燃焼時間30分程度 たぶん本年ラストのレビューとなるネタはお馴染み玉初堂さんの朱雀です。 玉初堂さんというと香樹林シリーズが有名ですが、それ以外にもシリーズ化されてない単発ものが幾つかありまして、朱雀もその一つ。デイリー線香枠の白檀系の中では最上位商品となりますが、お値段実体は比較的お求めやすい所に設定されています。 それでは早速レビューです。 まずは上匂いですが、箱を開けると結構濃密でこってりとした白檀+漢薬系の香..

続きを読む

【お香レビュー】Tulasi サンダルウッドを焚いてみた

2016/12/04 07:06
20本入り インド製 燃焼時間30分程度 すっかり冬の様相を呈してきた昨今です。 冬といえば、木の香り系お香のシーズン。夏場は暑苦しくて敬遠していたサンダル系やチャンダン系、その他樹脂系の香りが恋しくなる季節です。 今回焚くツラシのサンダルウッドも、夏場は少し重いかなと思って敬遠していたアイテムの一つですが、寒い季節にはこれがとても馴染む香りなんですよ。一応定番香の一つみたいですし、サンダル系が好きでまだ試してないなら試す価値あり!です。 とい..

続きを読む

【お香雑記】みんな大好きチャンダン香。で、チャンダンって一体何・・・?

2016/11/29 00:39
◆ああ愛しのチャンダン 日本で一番売れているお香といえばチャンダンなのは有名な話です。このチャンダン、代表格はもちろんHEM製のものなのですが、HEM以外のメーカーからも多数発売されています。というか、チャンダンをラインナップしてないメーカーは無いんじゃないかとすら思えます。 具体的にはSital、TULASI等が結構有名ですし、パドミニやSACのチャンダンも独自の味付けで根強いファンがいます。一体チャンダンの何がここまで皆を引きつけるのでしょう。というか..

続きを読む

もっと見る