ART LABO ASOKA AUROSHIKA AUROSHIKHA Balaji Bic BUZZZ Coma CYCLE DARSHAN ENGIMONO ESTEBAN Flute FRESH FRAGRANCES Goloka GONESH GONESH[ GR hanga Hem hemp Khachoe Ghaki Ling LIBERTY'S MISTICKS MOKSH Morningstar NANDITA OPM PADMA parimal PATIL PARIMALA WORKS R-Expo RATHNAM'S SAC Sarathi Satya SHALIMAR Shankar SHANKER Shashi Sital SRI DRUGA The Dhoop Factory tulasi VASANT PRODUCTS Vijayshree WILD BERRY WONDERINSENCE  balaji あわじ香司 うずまき香 お香 お香たて お香と線香の違い お香立て かっ香 かゆらぎ くつろぎや すみれ ねじり香 みのり苑 りらく アカシア アガル31 アガーウッド アキー アショーカ アップル アニス アメリカ香 アンバー アート・ラボ アーユルヴェーダ イランイラン インドネシア香 インド香 インド香  ウィステリア ウォーター エステバン エスニック オウロシカ オスマンサス オピウム オリエンタル オリエント オレンジ オーキッド カクテル カシス カチュガキリン カナビス カモミール カラント カンナビス ガネッシュ ガンチェン ガーデニア ガーネッシュ キンコウボク キンモクセイ クローブ クール系 グラブ グリーン グリーンティー コイル コイル香 ココナッツ ココナツ コーマ コーン コーン  ゴロカ サイクル サイババ サイプレス サティア サティヤ サティヤ  サラチ サンダル サンダルウッド シタル シダー シトラス シナモン シャクナゲ シャリマール シャンカー シャンカーズ ジャスミン ジュニパー スティック ステイック ストロベリー スパイクナード スパイス セージ タイ香 ダイソー ダルシャン ダルシャン  チェリー チベット香 チャンダン チャンパ チュベローズ チューベローズ チョコレート ツラシ テキーラサンライズ トゥラシ トゥルシー ドゥープ ドゥープファクトリー ナイトクイーン ナイトジャスミン ナグチャンパ ナンディタ ニガヨモギ ネパール港 ネパール香 ネロリ ハニー ハーブ バイオレット バニラ バラ バラジ バリナチュラル バリ香 パウダー パウダー香 パチョリ パドマ パパイヤ パリマル パロサント ピーチ フォレスト フラワー フランキンセンス フランジパニ フルーツ フルート フレッシュフレグランシス ブルーベリー ブータン香 プルメリア ヘム ヘンプ ベリー ベルガモット ベンゾイン ペアー ホワイトセージ ポメグラネート マグノリア マサラ マサラ香 マリファナ マリン マリン系 マルベリー ミスティックス ミモザ ミント ムスク ムーン メイプル モグラ モークシュ ユーカリ ヨモギ ライチ ライフハック ライラック ラウド ラズベリー ラベンダー リキュール リバティーズ リリー レイン/ウォーター ローズ ローズマリー ロータス ロードデンドロン ロープインセンス ロープ香 ワイルドベリー 丁子 中国香 乳香 京の音色 京線香 伽羅 台湾沈香舍 台湾香 四徳 大発 天年堂 奥野晴明堂 孔官堂 安息香 寺院 寺院系 寿星牌 山紫水明 慶賀堂 日本香 日本香堂 月下美人 月桃 木蓮 松栄堂 林檎 梅栄堂 梅薫堂 樹脂 水仙 沈香 洋梨 浄化 渦巻き香 漢薬 烏沈 玉初堂 琥珀 甘松 白檀 百合 百楽香 盤香 睡蓮 石榴 石鹸 竜涎香 精華堂 線香 線香  肉桂 薔薇 薫明堂 薬香 蝋梅 誠寿堂 金木犀 金香木 除障香 零陵香 風水 香十 香彩堂 香水 香水系 香玉 香皿 香立て 高野山大師堂 高野霊香 鬼頭天薫堂 鳩居堂 麝香

【お線香レビュー】みのり苑 風韻伽羅を焚いてみた

2018/06/04 15:14
入数は形状価格により様々 日本製 燃焼時間30分程度 風韻シリーズ、ラストは伽羅です。 風韻シリーズの中でも最も高価なお線香ですが、伽羅を名乗ったお線香としてはかなり安価な部類(伽羅天壇みたいなあからさまにありえない低価格の商品は除外)。 ですので、本物の伽羅が入っているとは考えにくいのであんまり期待せずに試してみる所存。 上匂いは風韻沈香に似た感じでこれという特徴はありません。ただ、沈香と違って線香の表面に脂の染みのようなものがぽつぽつと浮かんでいて..

続きを読む

【お線香レビュー】みのり苑 風韻沈香を焚いてみた

2018/05/15 18:58
入数は形状価格により様々 日本製 燃焼時間30分程度 えー、みのり苑というとちよっと本格的なお線香に手を出してみようかなという人にとっての入門用として最適なイメージがあります。 そこそここなれた価格と入手性の高さ、安定の品質などがその理由ですね。 自分も風韻白檀を使ってみてなかなか好印象だったので、他のシリーズも試してみようとかねがね考えておりました。 で、今回は沈香です。 事前に調べた感じだと白檀と違って評価が別れている印象を受けましたが果たして・・・..

続きを読む

【お香レビュー】日本香堂 かゆらぎ藤を焚いてみた

2018/04/10 17:27
40本入り 日本製 燃焼時間30分程度 予告どおり藤のお香です。 今回はお馴染み日香さんのかゆらぎシリーズの藤。 かゆらぎは定番だけに手堅い出来のお香が多いので、この藤もちょっと期待してます。 では早速上匂い。 ・・・。 えーと、藤というか昔の化粧品というか、おしろいの匂いというか、そんな感じで、藤らしさは15%位でしょうか。香りのセンスと言うか、時代毎の流行りへの適合度もあんまり高くないような。 イメージ的には和装の御婦人といった雰囲気で、ある..

続きを読む

【お香レビュー】香彩堂 ENGIMONOシリーズ だるま を焚いてみた

2018/04/03 21:48
50本入り 日本製 燃焼時間30分程度 これまたいつの間にかENGIMONOシリーズにニューカマーが来ていたので早速試してみます。 香彩堂さんのお香はわりと季節ごとに分類できるイメージがあるんですけど、こちらのだるまはちょっと季節は不明。まあ、だるまから連想するとすれば受験シーズンでしょうか。冬の終わり頃といった感じですね。 では上匂いですが、ずいぶんシックというかなんというか。 わりと華やかな香りの多いENGIMONOとしては異例のいぶし銀感のある香..

続きを読む

【お線香レビュー】香彩堂 京線香 都桜を焚いてみた

2018/03/26 15:23
約170本入り 日本製 燃焼時間30分程度 桜の時期になりました。 当地でもそろそろ七分咲から満開へと移りつつあり、いよいよ春本番という感じ。 というか、個人的には桜が春の締めくくりみたいなものだと思っていますので、今がまさにクライマックス。桜が終われば半年ほど辛く厳しい季節。冷房の効いた部屋に閉じこもってじっと熱波が過ぎ去るのを待つだけの苦難の時期に突入するので、行楽その他は今のうちに、ですね。 で、そんなこんなで桜です。 今回は香彩堂..

続きを読む

【お線香レビュー】香彩堂 京線香 祇園の華を焚いてみた

2018/03/12 15:21
170本入り 日本製 燃焼時間30分程度 山紫水明シリーズのお線香版、嵯峨の朝霧に続きましては祇園の華にございます。 こちらも香彩堂さんの人気商品からの線香化なので期待が高まりますね。 ということで、まずは上匂いです。お香版焚いたの結構前でいろいろ忘れていますので、改めて初対面的な気持ちでレビューしますが、第一印象はほんのり甘いお菓子のような・・・強いて言うなら生八ツ橋の様な、ちよい肉桂が効いたはんなりとした香りです。 メーカー曰く匂い袋のイメージだそうで..

続きを読む

もっと見る